【ととのう】サウナの正しい入り方についてお話します。

まちおです。

前回の記事でサウナに入ることによって得られるメリット

についてお話しました。

今回の記事では

「ととのう」ために知っておきたい、

正しいサウナの入り方について、

お話ししていこうと思います。

前回の復習!!「ととのう」とは

「ととのう」とは…サウナによって得られる快感のこと。「爽快感」「トリップするような感覚」「感覚が鋭敏になり気持ちの良い状態」「トランス状態になる」「天国にいるような感覚」など人によって感じ方は様々である。「サウナ」⇨「水風呂」⇨「外気浴」を3セットほど繰り返すことで発現する。

この「ととのう」を目指してサウナーは

日々サウナに入っています。

サウナの入り方・楽しみ方は人それぞれだとは思いますが、

せっかくサウナに入るなら「ととのう」を目指して欲しいです。

この「ととのう」感覚を知れば

今までの何倍も

サウナを楽しむことができるのですから。

よくサウナに入っている人で

サウナだけ入って水風呂に入らず

水シャワーだけ浴びて終わり。

汗をかくだけかいて満足。

といった人を見かけますが

「もったいない」の一言に尽きます。

これからお話しすることを

実践していただくだけで、

あなたのサウナライフは

大きく変わっていきます。

次は具体的な入り方について

お話ししていこうと思います。

実践!ととのうサウナの入り方のポイント

〜サウナに入る前の準備〜

マナー的なところなのですが

サウナに入る前に体をしっかり洗いましょう。

身を清めるともいいます。

そして、サウナ室に入る前には

体をしっかり拭いてから入りましょう。

これはサウナ室をびしょびしょにしないという点と、

体の余計な水分を拭いてから入ることで

より汗をかきやすくなるという点からです。

これらを行っていざサウナ室へGO

〜サウナ室からの一連の流れ〜

基本的な流れについてですが

「サウナ」⇨「水風呂」⇨「外気浴」

これが基本の1セットになります。

これを3セット行います。

私は1セットでもととのうことができますが

3セット行うことが効果的です。

各セットの間に入浴をしたり、体を洗ったりしても大丈夫です。

ただ1セットの中に他の行動をプラスするのはNGです。

サウナのあと水風呂をすっ飛ばして外気浴して、

冷えたから入浴をして〜

といった行動はよくないです。

サウナも水風呂も体を極限状態に

持っていくための行動なので、

途中に余計な行動を挟むことで

極限状態が和らぎ、

ととのいにくくなるためです。

私の場合は時間で区切るようにしてます。

サウナ室でしっかり温まって汗をかいたら、

汗をしっかりシャワーで流して、

水風呂に浸かります。

怖がらずに肩まで一気に浸かります。

水風呂なんて寒いぜ!

なんて思う方もいると思いますが、

しっかり体が温まっていれば、

意外と寒くないのでご安心を。

体から発せられる熱で

水風呂の冷たさを緩和してくれる

薄い膜のようなものが

体の表面からでるんです。

(サウナーの界隈ではこれを「天使の羽衣)」といいます。

水風呂からでたら

そのまま外気浴にいきましょう!

椅子でもベンチでも

くつろげるところに移動します。

そこでひたすらボケーーーーっとします。

そうすると徐々に「ととのう」感覚に陥ってきます。

これを繰り返すことでととのっていくことができます。

〜注意点〜

注意点としては各セットの合間に

水分を補給してください!

サウナに入ると500〜1,000mlの水分が失われるので、

しっかりこまめに水分をとりましょう!

また自分の体調が悪い時は無理せずにサウナに

入るようにしましょう!

セット数、サウナ室に入る分数は

体調に合わせて調整しましょう。

無理は禁物です。

終わりに

今回はサウナの真髄である「ととのう」

についてと、「ととのう」ための

サウナの入り方をご紹介しました。

今までサウナになんとなく入っていた方は

ぜひこの入り方を実践してみてください。

絶対何か変わってくるはずです!

ストレス発散、健康にもいいサウナ。

サウナに通って身も心も健康になりましょう!

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です