モノを減らして得たメリット・デメリット【ゆるミニマリズム】

みなさん物に溢れた生活していませんか?

私は前から断捨離癖はありましたが、

去年の春に思い切った断捨離を行い、

数多くの家の物を処分しました。

こたつ、ソファ、カーペット、洋服…etc

今では部屋に余白が生まれ、

少し寂しい感じのお部屋になりましたが、

普通に生活はできており、

「むしろ物が多かった時より暮らしやすくなっているのでは…?」

と感じるほどです。

そこで今回は物を減らして感じたメリット・デメリットについて

お話していこうと思います。

物を減らすメリット

①掃除が楽になった

掃除が楽になりましたね。

床からカーペットを撤去したことで掃除が圧倒的にしやすいです。

カーペットの掃除って地味に大変ですもんね。

掃除機かけてコロコロかけてと手間が多い。

私はカーペットを撤去し、

お掃除ロボットの「ブラーバ」を購入しました。

床に物がない状態なので、

これ一台で綺麗な床で生活ができます。

掃除に使っていた時間を別のことに使うことができ、

生産性も上がります。

②探し物に時間がとられなくなった

今までは物が多く、

自分でも所有している物の量を把握できていませんでした。

断捨離をして、物が減り、整理された状態になりますので

どこに何があるのか分かりやすくなります。

物をいちいち探す時間ほど無駄な時間はないなと思います。

よく物をなくす、どこにやったかわからないという人は

物に溢れているパターンが多いです。

③自分の持ち物に愛着が湧く

断捨離を行い、物を手放し、残ったものたちはすなわち、

自分が厳選したお気に入りのものたちであるということ

これらのものには当然愛着が湧きますし、

大事にしようと思えるようになります。

自分のお気にりのものに囲まれて暮らすということほど幸福なことはないですよね。

④部屋がお洒落になる

これはちょっと飛躍しすぎかもしれませんが、

物が少ないとお部屋がお洒落に見えます。

部屋に物が多いとどうしてもアイテムの統一性だったり、視覚に入る情報が多くなり、

雑多に見えてしまうことが多いです。

物を減らすことで部屋に余白ができ、

スッキリとした印象になるので

お洒落に見えるようになります。

デメリット

①寒い

冬が少し寒いですね。

うちは間取りが1Kなのでエアコンつければ特段問題はないのですが、

床がとにかく冷たいですね。スリッパは手放せないです。

②来客時に不便になることも

あるんですよ、数ヶ月に何回か友人が泊まりに来ることが。

夏場は特に問題ないのですが、冬場だと結構寒い思いをさせてしまいます。

カーペットなんでないんや!とお叱りを受けることも。笑

一応来客用に布団は残していますし、

収納場所に困らない電気毛布も残してあるのでそれらで

寒さはしのいでもらっています。

また基本的に1人なので、食器も必要最低限しか残していないので、

家で大勢で食べるということがあると少々不便です。

割り箸、紙コップは何個かストックしておくといいですね。

まあそんな頻繁に来るわけでもないので、

そのためだけに物を持っておくというのが

ナンセンスだな。と私は思いますが…

まとめ

思い切った断捨離をしてから1年ほど経過しましたが、

物を減らしてよかったなとつくづく思います。

ミニマリズムって勘違いされやすんですけど、

何もない部屋がいいのではなく、

「自分に本当に必要な物で生活する」

というのが利点だと思います。

なかなか思い切って捨てれないよという方は

1年使っていない物があれば捨てる」など自分の基準を作ってみると

捨てやすくなるかもしれませんね。

私の経験上、

1年使わなかった物ってそれ以降も使うことってほとんどありませんから。

物を減らして、自分の生活を少しだけ見直すと

今後の生活をよりよくするためのヒントが見つかるかもしれませんよ??

断捨離おすすめします。

私が敬愛するミニマリストしぶさんのミニマル思考についての本もおすすめです。

物に囚われない生活、持たない暮らしについて書かれていて大変おもしろいです。

興味がある方は読んでみてください。↓

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です