8年間ありがとう。テレビ手放しました。〜テレビのない生活のメリット・デメリットについて〜

まちおです。

一人暮らしをはじめて8年目。

この度、長年一緒に生活を共にしたテレビを手放しました。

「テレビないと何かと不便じゃない??」

「なくても大丈夫なの?」

と言った意見もありますが、

今のところ、テレビがなくても

生活に全く問題はありません。

今回の記事では

私がテレビを手放すに至った理由と、

テレビがない生活のメリット・デメリット

についてお話しようと思います。

テレビを手放した理由

見る回数が減ったから

私は元々そんなにテレビっ子ではなかったです。

ここ1年くらいは、朝起きて時計代わりにテレビをつけて流し見するだけ。

夜はほとんどテレビをつけずに、スマホをいじったり、

YouTubeを見る生活だったので見る回数は日に日に減っていました。

テレビ番組が同じようなパターンでつまらないと感じた

テレビをつけても同じような内容のバラエティ番組ばかり、

ニュース番組も芸能人のくだらないスキャンダルや、

同じような報道ばかりでテレビ番組を見るのに

疲れてしまいました。

YouTubeやAmazonプライム等動画サービスが充実しているため問題ないと思った

最近の動画配信サービスは充実しています。

コンテンツが充実しているためわざわざテレビを見る必要性がないかなー

と思ったのが正直なところです。

私はアマゾンプライム会員なのでプライムビデオを愛用しています。

コンテンツ量も十分で退屈していませんよ。

NHKの受信料がもったいなかった

これ。地味に大きいんですよ。

NHK見るなんて1年に1度紅白歌合戦の時くらいです。

NHKの年間受信料っていくらか知ってます?

口座振替で24,000円ですよ??

1年に1度しかみるか見ないかの物に24,000円も払っている。

これはもったいないと思ったのも理由の一つです。

メリット

自分の時間が増える

テレビをだらだら見ることがなくなったので

自分の使える時間が増えます。

空いた時間を読書や運動などの自己研鑽の時間に

充てることができるので時間を

有効活用できます。

能動的に情報を収集するようになる

テレビって情報を受け流して浴びていることになるんですよね。

テレビがないと自分で情報を調べないといけないので

能動的に情報収集するようになります。

自分で調べることで得た知識もより記憶に残るし、

本当に自分に必要な情報だけが得られるようになります。

部屋が広くなる

これは物理的なメリットですね。

テレビって結構場所とるんですよ。

テレビ代も必要になりますし。

配線もごちゃごちゃするわホコリも溜まるわで

地味に掃除が大変なんですよね。

テレビがないことでお部屋がスッキリしました。

お部屋の生活感も減らせてGood!!

デメリット

世間の会話についていけない

テレビがないとどうしても友達や職場の人と

話が合わない時があります。

なんだかんだ流行に乗り遅れてしまうことも…

何もしなくても流行りの情報が入ってくるのが

テレビのいいところではないかなーと思います。

ただ情報量が多すぎて

余計な情報が多すぎるのがデメリットです。

地震速報等に気づかないことも

速報系はテレビは早いです。

最近はLINEニュースとかでも地震速報は送られてきますが、

まだまだテレビも早い。大雨、大雪の情報とかも

すぐ報道されますもんね。

災害が起きた際はテレビは強いと思います。

テレビでしか見れないドラマ・バラエティもある

私は半沢直樹がとても好きなんですけど、

半沢直樹ってリアルタイムの放送でしか見れなかったんですよね。

なぜかネットでの見逃し配信とかもやってなくて…

見るならDVDやBlu-rayが出た後でTSUTAYA行くしかないんですよ。

このようにテレビのリアルタイムでしか見れない番組もあります。

音楽番組の生放送とかもそうですよね。

ここはもう妥協するしかないと思ってます。

でっかい画面でゲームができない

Switch愛用者である私はテレビを使って

大画面でゲームができるのはよかったです。

一応ゲーム自体はテレビなくても

できるんですけど、

やっぱり大きい画面でするゲームは楽しい。

友人が遊びに来た時はスマブラをよくするんですけど

これからどうしましょう…

壁に投影するプロジェクターかモニターの購入を考えています。

まとめ

今回はテレビを手放した経緯と

メリットデメリットについてお話しました。

正直テレビを手放すときは、

かなりハードルが高いように感じました。

テレビいらないかなーと思い始めてから

実際に手放すまで半年くらいかかったような気がします。

それだけテレビがある生活って

当たり前になっていたんだなあと実感しますね。

テレビを見ることは嫌いなわけではないんですけど、

あれば便利なんですけど

テレビがない生活に憧れがありましたし、

ひとり暮らしの今だからこそ、テレビがない生活にチャレンジしてみたくて

手放した次第であります。

手放して1ヶ月も経過していませんが、

今後の生活に劇的な変化は訪れるのでしょうか…

生活する上で必要性を感じるor結婚して家庭をもったときは買い直すかも…しれません。

そのときは「やっぱりテレビはいる!」

というタイトルで記事を書こうと思います。笑

今年から新生活を始めるみなさんも

テレビの必要性をしっかり考えた上で

購入されるといいかもしれません。

今はネット、動画配信サービス、ニュースアプリなどの普及で

テレビは必須の時代ではないのですから。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です